元・真性包茎の俺があなたに伝えたいこと

自力で真性包茎を卒業した男が方法やら体験談やらを詳細につづります。包茎のみんな、負けるな!頑張れ!

真性包茎を自力で治した後に訪れた仮性包茎地獄(マフラー状態)を脱出した体験談

      2018/02/13

実は、真性包茎を自力で直した体験談を詳しく語っている当サイトのメインコンテンツでは、悩みに悩んだ末にわざと詳細には記述しなかった事柄がある。
それが、この記事のタイトルにもなっている「仮性包茎」についてだ。

真性包茎が治り、露茎できるようになった後の「仮性包茎」だった時期については、メインコンテンツの「ズルムケまでの過程&問題点&注意点」という項目の最後の方に、ほんの少しだけしか書いていない。

書こうかどうか迷った末にわざと記載しなかったのは、真性包茎に真剣に悩み、当サイトを参考にしてくださっている方々に対して、

・まずは直近の悩みである真性包茎を改善して、少しでも前進してほしい。

・真性包茎が治っても、その先には仮性包茎などの厳しい現実が待ち受けているということを事前に伝えてしまうことで、真性包茎矯正トレーニングへのモチベーションを喪失させてしまってはならない。

という気持ちがあったからだ。

しかし、真性包茎自己矯正体験談ページの公開から1年以上が経ち、そろそろ真性包茎をズルムケペニスへと進化させた方が続出する頃だと思い、真性包茎が治った後の仮性包茎を治す方法についても、自分の経験談を書き記しておくことにした。

この記事をご覧の皆さんの中には「まだ真性包茎だけど剥けるようになった後の事を知っておきたい」という方も多いと思うので、剥けるようになった直後のペニスの状態や、仮性包茎でなくなるまでの経験談&トレーニング法をできるだけ詳しく書いていこうと思う。

さて、私が真性包茎を脱出し、腰が引けてしまうような外部からの刺激にもそこそこ慣れ、ペニスに付着したおぞましいほどの量のチンカスの塊も除去し終えた頃のペニスは、下記のような状態だった。

1.亀頭と竿の間には一応のくびれがあったため、その部分に余った皮が押し寄せ、亀頭の下(カリ首)にもこもこのマフラーを巻いたような、ものすごいみっともない状態。

2.亀頭の一番太い部分でさえ、勃起時でも竿の部分と同じ程度の直径しかない。

3.通常時は亀頭全体が竿の部分よりも断然小さい。

4.超絶先細りの、三角形ペニスのため、竿よりも細い亀頭がさらに貧弱に見える。

5.血が通っている様子がなく、ゾンビの様に青白い。

6.通常時も勃起時も日本人の平均ペニスサイズ(13.5センチ)を大きく下回っている。
(通常時4センチ、勃起時11.8センチくらい)

そう、真性包茎ペニスが「皮マフラー付き仮性包茎ゾンビペニス」へと変わっただけだったのだ。

25年間の苦悩の末にせっかく露茎できたというのに、このペニスを目の当たりにした私は再び絶望の淵に追いやられた。
「神よ、まだ私をおもちゃにする気ですか?真性包茎男の苦悩を観察するより、桃鉄でもやっていたほうが数百倍おもしろいですよ?」
と、神社を見かけるたびに神に語りかけた(心の中で)。

しかし、すでに真性包茎の自己矯正という成功体験を持っていた私はすぐに気持ちを切り替え、上記6項目のコンプレックスの解消へと着手することができた。

この記事を今まさに読んでくださっている真性包茎矯正中の方は、ここまで読んだ限りでは、矯正トレーニングへのモチベーションゲージが激減して、あと弱パンチ一発でノックアウトされるところまで追い込まれていることと思うが、どうか安心してほしい。

今現在の私のペニスは、上記の6項目の全てを克服し、日本人平均サイズのペニスをだいぶ上回っている
(現在のペニスサイズについてはメインコンテンツの「私のペニスプロフィール」に記載。)
巨根にはまだまだ遠いものの、元真性包茎の私からすれば本当に目覚ましい進歩だ。

これからこのブログで数回に分けて、私が上記の「皮マフラー付き仮性包茎ゾンビペニス」をどのようにして平均以上のペニスへと進化させたのかを綴っていこうと思う。

今日は大多数の真性包茎脱出者の最大の悩みになるであろう「仮性包茎(大幅に持て余した皮のマフラー化)」について書かせていただく。

真性包茎を自己矯正した者のほとんどは、勃起時こそなんとか露茎しているものの、萎えて通常サイズに戻ると皮が亀頭の下でぶよぶよに余って、カリ首にマフラーを巻いているような気持ち悪い状態になり、その後ちょっとした弾みで完全に皮がかぶってしまうという、いわゆる仮性包茎の段階へと移行するはずだ。

キトー君を使って効率的に皮を伸ばした人は、手で皮を伸ばした人よりかは若干マシかも知れないが、大して変わらないだろう。
私のペニスがまさにそうで、今までずっと真性包茎だったペニスの皮は剥き癖がついておらず、竿に均等に分布してくれないし、皮で成長が阻害されていた亀頭は先細りで全体的に小さかった。

そんなチンコを目の当たりにすると、
「ペニスの皮 切除手術 費用」や「仮性包茎 切除手術 クリニック」
等というワードでググってしまいたくなると思うが、そんな皆さんに忠告しておきたいことがある、それは、

その切除しようとしている皮、後で必要になりますよ?

ということだ!

どういうことかというのは後で述べさせていただくので、とりあえず手術の申し込みは後回しにして、この記事を読んでほしい。

さて、仮性包茎を脱出するために必要なことは大きく分類すると、

1.剥き癖を付けることで亀頭側に寄っていた皮を竿全体に均一化させる
2.亀頭を大きくして、皮がかぶらないようにする
3.ペニスを長くして、皮が余らないようにする

この3つだ。

私はこの3つを同時進行で行うことで、仮性包茎を見事に脱出した。
今ではもちろん通常時でも皮がかぶることはないし、マフラーの様に亀頭下に皮が寄って、みっともない状態になることもない。

では、上記の3つを実現するために具体的にどのようなトレーニングを行ったのかを説明していこう。
 

まず、1番目の「剥き癖を付けることで亀頭側に寄っていた皮を竿全体に均一化させる」については、

「できるだけペニスの皮をむいた状態にしておく」
「オナニーするときには、片手で皮を竿の根元に寄せた状態でする」

この2つのみ!
トレーニングと呼んでいいのか迷うほど簡単だ。

私は皮がマフラー状態になってはいたものの、ある程度の振動を与えないと亀頭にかぶさりはしないタイプの仮性包茎だったので、特に何のグッズも使用せずに、寝る前に皮をむいてから寝るだけでトレーニングになっていた。
(始めたばかりの頃は朝には必ず勝手に皮がかぶさっていた)

指で押さえていないと皮がかぶってしまうタイプの包茎の方は、アマゾンや100均でシリコンリングヘアゴムを購入し、亀頭の下に装着すると、亀頭まで皮が戻ることがなくなると思う。

この仮性包茎矯正体験談の信憑性を増し、悩んでいる方々の一筋の光明としていただくために、一応私が購入したシリコンリングの画像を載せておくが、私は数回装着しただけで、ほとんど使わなかった。↓

ring

(パッケージの表面は、虎と卑猥な格好をした女性の絵が描かれているため載せられません。ごめんなさい。)

本来は勃起力を増幅させるために使うもののようだが、仮性包茎の矯正にも役立つ。
このシリコンリングは摩擦が強くて痛くなってくるので、100均のヘアゴムの方がおすすめだ。
あの女性がポニーテールする時に髪をまとめるために使うやつね。

装着するときはまず皮を竿の下の方へ引っ張り、亀頭下に皮が集まっていない状態で付けよう。
カリ下に皮が集まったその上から装着すると、その状態を固定することになってしまうので逆効果だ。

そして超重要なのは、どちらの場合も、
「ちん毛を短く整えておくこと」
だ。
これはメインコンテンツでも言及させてもらったことだが、
長いままだと、不意に皮が亀頭にかぶさる時にちん毛を巻き込み、肉に食い込んで激痛を生じさせるという地獄のような事態が発生する。

私は仮性包茎が治った今でも、TESCOMとかいうメーカーのスキカットとかいう激安バリカンで定期的にちん毛を整えるようにしている。
・・・バリカンの画像はいらないよね?

これだけで徐々に剥き癖がつき、亀頭側に偏っていた皮が竿に均等に分布するようになっていった
真性包茎の包皮輪を伸ばすときと同じように、変化が分かりにくいため途中でやめてしまいたくなるが、実際に仮性包茎を脱した私からするととてももったいないことだ。
ぜひ継続してほしい。
 

2番目の「亀頭を大きくして、皮がかぶらないようにする」については、

「できるだけ硬く勃起させた状態で、亀頭へ血液を送り込むイメージでPC筋に力を入れる」
「8割くらいの勃起状態で、ローションを付けて、ペニスを亀頭に向けてシゴく」
「できるだけ硬く勃起させた状態で、カリに指や手をひっかけて引っ張る」

の中のどれか一つでいい、続けてほしい。

一回でも行うと、青白いペニスに血液がいきわたり、ふっくらとするのが分かると思う。
それを続けることで、徐々に亀頭の大きさ自体が変わっていった。
ただし、早く効果を得たいからと言って強くやりすぎると、内出血を起こし血豆ができることもあるので、まだ海綿体が鍛えられていないうちは要注意

私は初めは、ローションを付けて亀頭へ向けてペニスをしごく方法でトレーニングを行っていたが、ローションで手と股間がべとべとになるので後処理がめんどくさく、ほかの二つの方法の割合が増えていった。
別にどれか一つのみをやり続ける必要はないので、その時の気分に応じて選べばよい。
ただ、私にとって結局一番効果があったのは、ローションを付けてしごく方法だったかもしれない。

亀頭を増大させるこの3つのトレーニングは、巨根になるために今でも続けている。
当時は無意味に、少量で2000円近くもする無印良品のホホバオイルをローション代わりに使用していたが、今はジョンソンエンドジョンソンの激安ベビーオイルを使用している。

oil

どの方法も勃起力が必要になってくるので、亜鉛やマカのサプリメントを日常的に摂取するといいだろう。
サプリメントと聞くと、なぜかうさん臭さが倍増してしまうが、別に変な高額商品を紹介するつもりはないし、そんなもん必要ないと思っている。

私のおすすめはそこらの薬局でも安価で売っている、UHA味覚糖の「グミサプリ 亜鉛&マカ コーラ味」だ。
コーラ味のグミそのものなので水なしで手軽に、外出先でも摂取することができるし、成分の含有量も申し分ない。
これまた信憑性を増すために画像だけ掲載しておくので、各自近所の薬局なりアマゾンなりで探してほしい。

gumisuoli

ただ、さっきも言った通り、勃起力に自信のある人はいくら安くてもサプリメントなど購入する必要はないし、サプリの代わりに牡蠣を食べてるのでもいいし、オナ禁(オナニー禁止)で性欲を高めて勃起力を上げてもいい。

勃起不全の人はED治療薬を飲むといいだろう。
私は完全なEDになったことはないが、チントレ中の勃起力を高めるために、
バイアグラのジェネリックである「カベルタ」
シアリスのジェネリックである「メガリス」
レビトラのジェネリックである「バリフ」

を個人輸入して使っていた。
勃起力とED治療薬についてはまた別の記事で詳しく紹介させていただこうかと思う。

ed
 

3番目の「ペニスを長くして、皮が余らないようにする」については、

「勃起状態で亀頭下のあたりを手でつかみ、ストレッチ感覚で引っ張る」

というトレーニングを続けることで、徐々にペニスが長くなっていった
皮をもう片方の手で竿の下部へと寄せた状態で行っていたので、ペニス本体のみをストレッチするとこができたようで、うまい具合に皮は伸ばさずにペニス本体のみを伸張させることができた。
また、皮をペニスの根元へ押し下げながら行っていたことで、皮に剥き癖を付け竿全体に均一化させる効果もあったと思う。
一石二鳥ってやつだ。

また、将来の自分のペニスの形を意識して、引っ張る方向を調整すると、より自分の理想のチンコに近づく。
私は上向きペニスを理想としているので、少し反らせるようにしながら主に上方向(お腹寄り)に引っ張るようにしている。
痛みを感じない範囲で休憩を挟みながら引っ張るようにしてほしい。

さて、ここでようやく先ほど、
「その切除しようとしている皮、後で必要になりますよ?」
とご忠告させていただいたことの意味をみなさんにご説明することができる。

このストレッチを続けたことで、通常時・勃起時とも徐々にペニスが長くなっていったのだが、ある程度ペニスが成長した段階で、なんとあれほど余っていた皮が、
「逆に足りなくなった」
のだ!

今では、私は皮を伸ばそうと日々チントレをしているほどだ。
今現在、真性包茎や仮性包茎である方からしたら信じられない話かもしれないが、
これマジ!

みんなを勇気付けたいからといって噓を書いているわけでは決してない。
勃起時は皮が足りずにピンと張ってしまうので、まずは皮を伸ばさないと中のペニス本体も伸ばせない状態になっているのだ。
だから、これから立派なペニスを手に入れたいのであれば、むしろ初期状態では皮が余っていた方が好都合だと、今の仮性包茎もしくは真性包茎のペニスを愛でてあげてほしい。

私個人の体験談なので他の方に該当するかどうかはわからないというのは確かだが、個人差はあれど、ペニスを長くするためのトレーニング未経験の人で まったく伸びない人というのはほとんどいないだろうと思う。
特に開始から数か月は伸びが早く、3か月後には1センチ以上伸びていたし、その頃には仮性包茎もほぼ脱出できていた。

「初めから皮ごと掴んで伸ばしていれば、今頃皮不足に悩まなくて済んだのかな?」
とほんの少しだけ思うこともあるが、
自分がどれくらい皮が足りなくなるのか、またはペニスを伸ばしても皮が余ってしまうのかはわからないので、トレーニング初期の段階で皮ごと伸ばすのはお勧めできない

このトレーニングを何か月も中断してしまうと、自分の場合は長さが数ミリ縮む。
目標を達成した後も継続することが望ましいが、止めて数ミリ縮んだとしてもトータルではどえらいプラスである。
 

こういう過程を経て、私は今の、「巨根という理想からはまだ遠いものの、日本人の平均ペニスサイズを上回る満足できるペニス」を手にすることができた。
元真性包茎野郎が上から目線で申し訳ないのだが、日本人の平均ペニスサイズを調べた時に、本当に平均がこんなに小さいのだろうか、と疑ってしまうくらいには成長できた。
もちろん真の巨根の方や、トレーニングで理想のペニスに到達したペニスアスリートの皆さんからは、まだまだ鼻で笑われてしまうようなサイズだというのは分かっているので、今も、理想のペニスを目指してトレーニングを続けている。

最近はAV観賞をするときに男優のペニスについつい目が行ってしまい(ゲイではない)、一時停止して自分のペニスと比較しているのだが、自分のモノは南佳也さんというイケメンAV男優のペニスにかなり近いなと思っている。
この方はAV男優界では租チンとされているらしいが、自分が真性包茎から仮性包茎を経て、サイズ的にはAV男優として起用してもらえるほどのペニスへと成長させることができたのだ、という若干の達成感を感じることができる。

また、セックスをした女性に、「大きいね」と言ってもらえたことも一度だけだがある。
彼女が真の巨根を相手にしたことがなかっただけなのは間違いないが、そう言われた時には、WBCの韓国戦でイチローがタイムリーを打った時の2京倍嬉しかった。
うれションならぬうれ射精しそうになった。

私は、自分の当面のペニスサイズの目標を、長さ17センチ、太さ(直径)4.5センチに設定している。
かつて腐れ真性包茎だった私が、こんな夢を抱くことができているのだ。

真性包茎である方の苦悩や絶望は痛いほど知っている。
しかし、あんなチンコだった私がこうなれたのだから、どうか希望を失わないでほしい。
ほんの一例ではあるが、わずかでも皆さんのモチベーションアップに役立つことができればとても嬉しい。

このブログでは皆さんのモチベーションをアップさせるような記事を、少しずつ書いていこうと思う。
では、またお会いしましょう。

当サイトのメインコンテンツ(真性包茎を手術にもキトー君にも頼らずに完全に自力で治した男のトレーニング方法と体験談 )はこちら

※当サイトはリンクフリーです。
ブログやサイトをお持ちの方は、ページの隅っこにでもリンクをはっていただけると嬉しいです。
また、SNSをやっている方はシェアしていただけるとありがたいです。

いつの日か、この世から戦争と真性包茎がなくなりますように・・・